「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

飯盒炊爨

読めても書けない(笑)、「はんごうすいさん」。
「炊爨(すいさん)」とは辞書によると「飯を炊くこと、炊事」とある。
ワタシはなぜか、昔からこの言葉が好きだった。
飯炊きは食いしん坊の基本、ということだろうか・・・
日々炊爨、そんな感じで生きている。

ハナシは戻って、飯盒炊爨。
京都の実家にはたくさんの飯盒があった。
実はわが家はその昔、ボーイスカウト一家だったからだ。
(あ、お間違えなく。ワタシはガールスカウトね)

幼い頃、兄の人見知り解消のため始めたらしいが、
付き添いの父がハマってしまったようで、
いつの間にか指導者にまでなってた(笑)
ああ、アウトドアに血が騒ぐのはDNAか・・・?

しかし、大人になってまた「それ」をすることになろうとは・・・
きっかけは、こんなにかっちょいい飯盒を手に入れたから。
b0132981_0231630.jpg

スウェーデン製のメスキット。おそらく軍用品だろう。
b0132981_0395247.jpg

見つけたのは、雑貨屋さん。
普通は、小物入れなどとして買われるのだろうが、
そこは「勝手にアウトドア料理研究隊(隊員一名)」ですもの?!
「本来の形で使いましょ!」ってんで、ナツキャンプへの同行させた。

日本でポピュラーなUの字型とは違う。
それだけに使い勝手も広がる。
b0132981_0451598.jpg

持ち手が付いているので、蓋もフライパンに早変わり!
本体は、ちょっとした煮込みやスープにも。
二人分なら対応可能なサイズ。
ちょっとしたトレッキングにも連れて行ける。
USEDとはいえ、頑丈さはそのまま。さびもない。
これはいい仕事をしてくれそうな予感!

初回は、タイトル通りの「飯盒炊爨」に挑戦!
b0132981_115313.jpg

ナツキャンプは海遊びがメインなので、ディナーは手をかけないのが鉄則。
メインディッシュは、ビーフやキチンレッグ、海鮮の炭焼き 等々。
お酒を飲まないオットにとって白米は欠かせない。
もしや炊けてなかったり、焦げ焦げにすれば涙目になられそう・・・

昔どんな風に炊いていたのかなんてすっかり忘れたので、
普段に土鍋で炊いている感覚と同じようにやってみた。
最初は、やや強火でガンガン沸騰させる。
水蒸気が立って「おねば」が出てきたらすぐほんの弱火に。
15~20分炊いたら火から下ろす。
すぐに上下をひっくり返して15分ほど蒸らす。
実はとってもカンタンに出来あがる。
コツと言えば「おねば」がふきこぼれないように火加減に注意することくらい。

最後にひっくり返すのは、全体に熱気をまんべんなく行き渡らせるため。
下からの火だけで炊いているときは特に必要な行程。
じゃないと、炊きあがりにもムラができ、
下の余熱でどんどん底面だけがこげちゃうことになるのである。

さて、オットは涙目になったのだろうか?
結果は・・・キラキラ目の大成功!
ちゃんと「かに穴」もできて、ふんわりおいしそう。
返してみても、無駄な焦げもいっさいなし!
(しかしココで痛恨のミス!
 あまりに綺麗に炊けたので喜び過ぎて写真を撮り忘れ!)

2合炊いたので、朝食のリゾットにも。
b0132981_9571429.jpg

おいしゅうございました。

ちなみに、程よく酔っぱらった前夜は22時前には就寝。
朝は4時起き。ああ、健康的すぎる・・・
(実際は、テントに蚊が侵入したせいで起こされたんだけど)

この飯盒、鉄製で頑丈。コンパクトで四角ってのがミソ。
小瓶などの調味料をキッチリ詰めると運搬にも便利。
(取っ手部分のフック、両サイドに収めると鍵の役割になって
蓋が外れることもない)
そして、四角だと荷物のパッキングでも収まりがいい。
(実は、今まで重くてでかい炊飯土鍋や鋳鉄鍋を持って行っていた・・・)
氷水を入れて卓上で飲料瓶を冷やしたりも出来そうだ。
やっぱり飾っておくだけじゃもったいない!どんどん使ってみようと思う。
b0132981_10444741.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*お気に入り飯盒と出合ったのは、
世田谷区等々力にある、家具と雑貨のお店「巣巣」さん。
センスの良い品々に出合える場所。
ものづくりのワークショップなども開催されている。
オーナーやスタッフさんも心地いい方々。
行くたびなんだか落ち着く、お気に入り店のひとつである。
(お尻がキュートなノンキ犬の友ノンキーノと出合ったのもココ!)
*巣巣さんHPはこちら
[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-30 09:44 | いいかんじ

すなすな の しおしお

夏の海は、いくつになっても、わくわく楽しい。
b0132981_2113572.jpg


そして、このヒト?も・・・

すな。
b0132981_21114842.jpg


b0132981_21121850.jpg

しお。

そう! 至福の時間は、

すなすな 
b0132981_21135793.jpg


b0132981_2114363.jpg

しおしお・・・

これ、いつもこのあとがタイヘン・・・(だから、こんなふうにもなるわけさ)
でも、やめられんのよ、気持ちよくってさ。
b0132981_21165572.jpg

11年目の夏も、ノンキに楽しみましたとさ。
[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-27 21:18 | のんき

残暑お見舞い申し上げます

b0132981_041396.jpg

b0132981_1162011.jpg

b0132981_154799.jpg


b0132981_0412925.jpg


朝晩、ほんの少しだけ秋を感じさせる瞬間がある。
そう思うと、今年の夏はもう思い出になりそうだけれど、
日中の残暑はまだまだしつこく、粘り腰で居座っている。
皆さま、どうぞお体、ご自愛を。

ワタシの夏休みは、結局たった2〜3日。
けれどいつになく濃密だったので、満足感120%。

青い、広い、夏の空の下で考えた。
なんかうだうだ考えているのってもったいない!
やりたいこと、やれること、全部やる…ってなくらいの勢いで、
会いたい人にはどんどん会って、とにかく動いてみよう!
…そんなことをつらつら。
秋に向けた助走はもうとっくに始まっているのだから。

そのせいか、夏休み明けのはじまりは、
まるで助走なしにダッシュをかけたよう…
いかんいかん。
若くもないんだから、マイペース、マイペース(苦笑)

遊び以外で暑いのはもう勘弁!…という気もするが、
「残り少ない夏」、といわれるとちょっと淋しい気も。
ナツだからこそのあれこれ、もう少し楽しんじゃいましょか!
年甲斐もなく、ね。

あ…
b0132981_0414850.jpg

↑こんなことの顛末などなどは、
また明日につづくということで・・・
[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-23 23:59 | きせつ

ナツやすみ前に

予定していた仕事がドタキャンになって、人に会うこと意外は
なんとなく普通に過ごしていた1週間。

スポーツの秋に備え、緩みきった体を今から絞ろう!と心に決めたのに、
一方では、思うところあって、気になる料理や菓子を作らずにはいられない日々。

マフィンは、ブレンドを何度か変えて、好みの味まであと一歩な感じ。
b0132981_23542143.jpg

今日作った丸パンは、数日前よりなかなか好みの焼き加減に近づく。
b0132981_23543510.jpg

(今夜は、渡り蟹のパスタソースを吸わせて、ウ~ン満足)

ああ、作っては食べの悪循環・・・
またおなかいっぱいだし。
腹八分目(いや、七分目か?)って目の前に貼っておかなきゃわからないかも、
ワタシの満腹中枢・・・

いや、これは単なる言い訳か。
食べたらその分プラスアルファ、動けばいいのだ。
世界水泳や世界陸上(予告)のアスリートを見て
イメージトレーニングだけはできているのだが??
台風も行ったし、明日からね。うん、きっと。

そんな明日からは、世間一般同様、夏休みの予定。
やっぱ、ナツ恒例の伊豆の海へスクランブル発進か?
(また飲み食いするシチュエーションばっかり!?)
・・・と思っていたら、今朝の地震!
(静岡の皆さん、ご無事だっただろうか?)

海の方面も、漁港の道路が落石で寸断されていたりと、
大変なのは、高速道路だけではない様子・・・

余震も考えられるし、この時期に伊豆に行くのは命取り?
それとも急遽キャンセルする人が多いだろうから、実は行き時??
と、想いだけがぐるぐる・・・
オットの仕事具合と、世間の動向も見つつ
(民族大移動は明日あさってがピークのようで・・・)
どうするかは、明日のふたりと一匹の家族会議で決まる模様。
結論は明日の気分次第・・・かな。

結局どこも行かないかもしれないし、近場の冒険で終わるかもしれないし。
ま、それでもいいのさ楽しければ!
ナツ旅1の報告が終わらぬ間に、ナツ旅2になりそかも。
そんなこんなですが、皆さんよい夏休みを!

b0132981_2355497.jpg

[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-11 23:58 | ひび

ナツ旅その1<水泳強化合宿?> animal

勝手な都合でずいぶん飛んでしまったが、
ちょっと前に書いた温泉ネタからさかのぼって、
「ナツ旅その1」のメインイベントについてあれこれ。
b0132981_2241694.jpg

*ちなみに、これはウチの車じゃありませぬ。

梅雨の合間、われらが向かったのは、富士五湖のひとつ「本栖湖」。
近年の富士五湖キャンプといえば、もっぱらここ。
河口湖や山中湖のように観光地化されていない、地味なところがいい。
でも実は、5つのうち3番目の大きさで、水深にいたっては一番深いらしい。
(地味なんていってゴメン・・・)

夫婦二人の休日予定の折り合いがついたところで、
思い立ってすぐのスクランブル発進。
いつものように、適当に荷物を詰め込んで出かけた。

朝早いうちに到着。
すでにジリジリと暑さが増してきた。
テント設営中も、
「あっちいよ~なんとかしてくれよ~」とうるさいノンキ犬は。
(・・・吠えてないけど、ガハガハの息使いがそう聞こえるのだ)

キャンプの基本準備が整ったところで、
人間たちのお楽しみはあとにおいて、まずは、
暑さに超弱いノンキ犬を冷却することから始めた。

続きはこちらから
[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-06 23:09 | たのしい

8.5=はんこの日

「8月5日の予定を確認‥‥」
昨夜ふとスケジュール帳を見たとき、
8・5、はちごー、はこ、はんこ?
と頭の中で勝手に連想ゲームがはじまった。

気になって調べたら、
やっぱり「はこの日」であり「はんこの日」だった。
幾人もの日本人が宇宙に行くほど文明は進んでも、
どうやら「ダジャレ」だけは進化のしようがないようだ。

いまでは毎日が記念日といわれるくらい、
「〇〇の日」というのがいっぱい。
もっとも、今日の「はんこの日」は山梨のはんこ会社が言い出したもので、
実は〇〇協会の制定した、威厳ありげな「はんこの日」が10月1日にも存在。
それは、「公文書に署名の他、実印を捺印する制度が定められた・・・」
とかいうのが由来らしいが、
一般の人には、8月5日で「は・ん・こ」のほうが馴染みがいい気もするなあ。

実はつい最近、はんこを作った。
厄払いと運気があがるというインチキ実印・・・ではなく、
はんこ作家norioさんに作っていただいた、おとなかわいいはんこ。

ひそかなファンも多くご存知の方も多いと思うが、
基本は、対面でしかオーダーできない。
なので、イベントがあるときはすぐに予約も埋まってしまう。
ワタシも初めて知ってからとても気になっていたのだが、
当初はモチーフやイメージが沸かなかったり、
「あ~この間近くでやってたんだ・・・残念」ってことも何度かあったりで、
気づけばもう数年が経っていた。

ところが、少し前に他の調べ物でネット検索していたとき
偶然たどりついたギャラリーで販売イベントがあることを発見!
これまたファンであるマフィン屋さんdans la natureさんとの
コラボイベント。その上、予約は翌日から開始。
今のタイミング、これもご縁・・・しみじみ思う。
スケジュールも何とかなりそうなので、即予約したのだった。

そして出来上がったのが、これ!
b0132981_14445942.jpg


30分ほどの予約時間内で、希望を聞き、ラフを書いて、1点はその場で彫ってくれる。
現地では、シロクロノンキ犬をイメージして仕事の屋号入りで、
もうひとつは、「ノンキ食堂」のシンボルはんこを作ってもらった。
(2点目以降は追って郵送で届く)

もちろん、これを使った商品を販売することはできないが、
名刺や物を販売するときの袋に押したり、シンボルマークとしては使える。
先日の朝市でも、器の値札などに押させてもらった。

「はんこ=一色で押す」という勝手な概念も覆された。
スタンプ台に押し付けるのではなく、はんこに色をつけていく感覚。
色を重ねたり、ペンタイプのインクでシマシマにしたり。
いろんなバリエーションが作れるのも楽しい。

京都にもご縁のある方なので、京都出身者としては勝手に親近感。
対面販売にこだわる、そのアナログさも好きな理由。
きっかけはネットでも、つながるのは人と人。私もそう思うから。

きっと何千個と作ってこられたんだと思うけれど、
イメージをつかむ力や、描くだけでなく的確に彫るテクニックも必要。
絵が描けないワタシは、ホント敬意を表すばかり。
はんこ作家という仕事として確立された、そのセンスにもね。

「norioさんの押してくれたサンプルイメージにあわせて
インクを買い揃えなければ・・・」
なんだか子どものように楽しんでいる自分がちょっと恥ずかしいけど、
そんな気分にさせてくれる雰囲気が、norioさんのはんこにはある。
触れた人がほのぼのした気持ちになれるとしたら
それは幸せを作る仕事ってことだと思う。
いつか、「ノンキ食堂」もそうなりたいものだ。

b0132981_14451092.jpg

仕事用名刺にも押そうっと!名刺作り直さなきゃ(夏休みの宿題みたい?)。

*ああ、ノンキ犬の額の白いところに、ポン!と押したくて仕方がない・・・

はんこ作家norioさんの公式サイトはこちら
今週いっぱい埼玉・大宮のルミネ「私の部屋」でイベント中。
(但し、すでに予約終了。現地申し込み不可なのであしからず。
遠くから見学くらいはできるかも?)
秋から、京都・東京・横浜で販売イベント開催予定あり。
[PR]
by nonkishokudo | 2009-08-05 00:00 | いいかんじ