<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゆく年来る年 ノンキ犬

ん? 波間に見えるシャチ?
b0132981_20584957.jpg

 
b0132981_20595964.jpg

おめーかよ・・・じゃ、あとはまかせたぜ。

ええ、オイラですとも。まかされました。
え〜今年もいろいろありました。
こんな気分とか、
b0132981_2113042.jpg

こんな感じとか・・・
b0132981_2121126.jpg


でもね。どんな困難も試練も
笑い飛ばしてきたんですよ。こ〜んな感じで。
b0132981_2141057.jpg

世知辛い世の中ですもの、下向いたり暗くなってちゃはじまらない、ってことで。
皆さん、こんなときこそ、ノンキなオイラを見習って?!

てなわけで、
2008年に受けたすべての愛に感謝を込めて、最後のひとこと。
「さんきゅう、えぶりばでぃ。来年もの〜びのびいきまっせ」
b0132981_217950.jpg


「最後の最後まで、お笑い犬で失礼しました!
 でもきっと来年もこんな感じ、きっとぜったい 」 by飼い主
[PR]
by nonkishokudo | 2008-12-31 21:11 | おしらせ

赤い誘惑? ハッピーバースデーな日

ん?あれは・・・
b0132981_17235564.jpg


b0132981_17243686.jpg

イチゴやん!!!それもタワーになってるやん!
メッチャ食べた~い

b0132981_17253980.jpg

・・・誰も見てない? いっっちゃう? どうするオレ・・・
(このとき、ノンキ犬は「ブラック・レア」と化すのだった)

・・・見てるって、それも正面から、写真とってるやん。あほたれ。

12月28日、ノンキ犬11歳バースデーの夜のひとコマ。

そして、12月25日○歳のバースデーだったオットの祝いと共に、
(犬の誕生日に兼ねられてる飼い主???)
人間は、チキンレッグのダッチオーブン焼きで乾杯。
b0132981_17285149.jpg


「ノンキ、長生きしろよ!!!」(by飼い主)

「おまえらもな」(byノンキ犬)
[PR]
by nonkishokudo | 2008-12-30 17:31 | のんき

鼻たらし犬の憂鬱〜原因解明?!

もう1ヶ月あまり、女たらし、ならぬ鼻たらし犬として生きている
わが家のノンキ犬。
病院通いはもちろんのこと、ハーブやサプリなどの民間療法も
思いつく限りいろいろ試してみたけれど、一進一退。
ちょっとよくなったかなーと思うと、夜通しグシュグシュ言い続け
人も犬もぐったり、なんて夜もあった。

そんなある日。
b0132981_23502025.jpg

久々に「キラ目(キラキラした目)」のノンキ犬。
はい、入浴中でした。
b0132981_23532153.jpg

たまたま空いたプラスチックケースで即席銭湯。
はは、まんざらでもない顔。

リラックスしたせいか?鼻もふやけたのか?
鼻たらし犬の小さな鼻の穴から「鼻くそのようなもの(失礼)」が顔を出した。
「へ?なんだこれ?」・・・ピンセットで引っ張ってみた・・・すると・・・

大爆笑!!! だって・・・
b0132981_23563850.jpg

ほぼ私の指先から手首まであろうかという草一本・・・
草ですぞ。くさ!!
(あまりにおかしくて記念撮影。へんなもの載せてすみませぬ)

ノンキ犬を悩ませた鼻たらしの正体、みたり。
口と鼻をつなぐ管に、長々と留まっていたコイツ。
河原に行くと、まるで放牧牛のように草を食むノンキ犬。
それもペンペンと生えている、細長〜い葉っぱのみ食す。
だからいつも食い過ぎだって言ったやん!

そら、クシャミもでるわ、鼻水もとまらんさ。
どんな薬を飲んでも鼻水が治まらなかったのには、
これが多大に影響していたようだ。
担当10年の獣医さんも首をひねってたのだが、
そら、こんなことは想像もしないわ。

年だしさ、病気知らずのノンキ犬もとうとう何かに冒されたのか・・・
出かけているときも気が気じゃないほど、
毎日、毎晩心配し続けたこっちの身にもなれよ!!

でも。ああ、ノンキらしいオチさ。重病でなくてよかったよ。

とはいえ、たった一本の草が原因だったのかは定かではない。
ひと月以上もたらし続けていた鼻水は、
ちいさな鼻全体に、相当な負担となっていたのだろう。
いまも炎症が治まっていないことは確か。
今も締まりきらない蛇口のように、気づけばタラタラ流れてる。
しかしその大半は、草が除去された鼻の穴とは違う方から。

ってことは、こっちにも草、潜んでるのかぁ???
毎日のぞいてみるものの、その小さな穴の先は
トワイライトゾーンのように果てしなく、何も見えない。
b0132981_062166.jpg

「ふう〜、なんか鼻でイキ、できっぞ」 
(あほ、自慢にもならんさ by 飼い主)
[PR]
by nonkishokudo | 2008-12-15 23:40 | のんき

似てるもの・しりとり animal

似ているもの、しりとり。

これと、
b0132981_23523339.jpg


これ
b0132981_23541465.jpg

で、これと、
これ!?
b0132981_2356976.jpg


うそぉ?!
b0132981_024171.jpg

もっとイケメンやんねえ、
ねえ? ねえって!
ゼッタイ、きっと、たぶん・・・
[PR]
by nonkishokudo | 2008-12-02 23:49 | のんき

年の瀬さんぽ〜三の酉

今日から12月。
「早いねえ〜」と思わずつぶやいてしまうのは、
今年もめいっぱい走っていた証拠だと思いたい・・・

“年末年始”を感じはじめると、なんとなく季節の行事が気になるように。
で、29日(土)の昼下がり、自転車を走らせて酉の市に行ってきた。
今年最後、そして3度目の酉の日・三の酉。

一番の近場は、目黒の大鳥神社。
浅草などのほうがもっとにぎやからしいが、ここは無理せず近いところで。
b0132981_13295868.jpg

山手通りと目黒通りの交差点にある、こじんまりした神社だけれど、
多数の参拝客で混雑していた。
まずはお参り。手水で清めて、通りにまで伸びた列に並ぶ。
あともう少し、のところでふと見上げた社殿の造りは、思った以上に立派だった。
b0132981_13385819.jpg

お願い事というよりもっと頑張る決意?を伝えて、境内の出店を見てまわる。
やはり縁起物、店先で熊手をあれこれ品定めする人たちでごったがえしている。
b0132981_14112658.jpg

当然のことながら値札などない。駆け引きしながら交渉するようだが、
そこそこのものは万単位。気軽に買えるものでもない。
商売が大きくなるに連れて、熊手も年々大きくするのが習わしらしい。
とりあえず、私は社務所で売っている小さな熊手からはじめることにしよう。

商売をされている人たちだろうか、でっかい熊手も次々と売れていく。
(察するに、夜のお仕事系おニイさんとおネエさんもいらっしゃり・・・)
そして、一斉に威勢よく「いよぉ〜、シャンシャンシャン!」と手締めをするのだ。
b0132981_14155712.jpg

いいねえ〜、粋だねえ〜
そしてなんだかポジティブオーラ全開の空気感!
その輪にそっと加わって、ちょっとだけ「よい気」をおすそ分けいただいた。
ちなみに、帰り道は、熊手を正面に向け高くかかげて歩くのだとか。
次の酉の市までの1年間、より福をかき込んでくれるよう願う習わしだそう。

帰り際、餅菓子「切り山椒」の屋台に出合う。
山椒好きとしては素通りできずひと袋買う。
関西ではあまり見かけなかった気がしたので、帰ってから調べてみた。
この季節ならではというのも、山椒の効用で風邪予防の祈願、
そして、山椒は丸々使える所からそのご利益としていただくということで、
酉の市でも縁起物の菓子として売られているそうな。
山形県鶴岡市が発祥という話もあるようだ。
b0132981_14185997.jpg

熱めのほうじ茶が似合う味だった。

さあ、今年もあとひと月、
来年のよい布石になるよう、いままでよりちょっとだけ頑張って
12月を過ごしてみようか。

*業務連絡?!
 ただいま、サーバーの都合でメールの送受信が出来ない状態です。
 お仕事関係の皆さま、何かありましたら携帯までご連絡くださいませ。
こんなところで業務連絡、失礼しました・・・
[PR]
by nonkishokudo | 2008-12-01 14:48 | きせつ