「プラールおばさんのクッキー缶」の行く先は…

少し前、わが家のブームだったのが、これ。
b0132981_1759668.jpg

【メール・プラール】、「プラールおばさんのクッキー」ですね(これはガレット缶)。

モン・サン・ミッシェルのホテル&レストラン「メール・プラール」の創業者でもある
“プラールおばさん”が考案したクッキーは、フランスではとてもポピュラーなものらしく。
東京では、輸入物も充実しているスーパー「成城石井」で手に入ります
(独占的に販売してる感もあり。ネット通販もやってました)。

海外のお菓子にありがちな、「香りだけキツくてぱっさぱさ」ってことは全然なくて、
濃厚だけどさくさくいけるのです。
フランス地元ノルマンディ-産バターとゲランド塩(海水塩)など、
上質な素材だけを使い、添加物もなし、ってとこが気に入った!

はい、カロリーが高いことは承知でっせ。
でも成城石井に行くたび、いまだに素通りできないワタシです。

そんなプラールおばさんのクッキーはパッケージもかわいい。
(最近、缶フェチ気味なワタシ…)
てなわけで、ウチにはすでにこの缶が数個あり。
ひとつは、布用のハサミや裁縫用具入れに。
もうひとつは便箋や切手を仕舞った手紙セット入れとして活躍中。

そしてもうひとつの活躍場所は…
b0132981_17453289.jpg

はい、ノンキ犬の飯台に。

少し前から、床に直置きすると食べにくそうにしているのが気になっていたので、
ちょっと乗せてみたら、まあジャストサイズ!

しかし、食べていると必ず…
b0132981_17465199.jpg

…こぼします。

『落ちてるよ!』
b0132981_17472823.jpg

…拾います。

これが朝晩繰り返される、ノンキな日課なのでした。
[PR]
by nonkishokudo | 2008-09-20 18:01 | おいしい


<< ノンキ心と秋の空 北のおくりもの >>