ノンキ犬を亡くしてから考えたこと

b0132981_11263612.jpg

ノンキを荼毘に付してから、昨日で6カ月目を迎えた。

今まで何度も書こうと思ったけれど、
思い出すと後悔が先にたってしまって
ネガティブな言葉しか出てこず、記すことができなかった。

2月は本当に引きこもり生活になってしまっていた。
3月に入って、少し元気にはなった。
悲しさも少しは癒えたかもしれない。
でも、寂しさは永遠に消えない。


ノンキはノンキ。何ものにも変えられはしない。
きっとずっとそう思いながら暮らしていくのかな、と思っていた。
b0132981_1142421.jpg



転機は、3.11だった。
私自身もようやくココロも整えられつつあった頃、
起こってしまった天災と人災…


3.11で家族同然のペットたちと引き裂かれた多くの人たちがいた。
それを見るにつけ、何よりココロが痛かった。


連れてこられなかったことを後悔し、自分を責める飼い主たち。
辛いときほどそばにいて欲しい愛犬や愛猫たちと
生きていくために離れなければならない人たちも少なくなかった。


いつまでも下を向いている場合じゃないなと思った。
自分はノンキのそばにいることができたのだから、最後の瞬間まで…

b0132981_1143635.jpg


私の悲しみは目標を作ることで少し軽くなっていった。
まずは、震災の前日に企画が決まった5月末の週末市を成功させること。
それを果たせたら、ドッグボランティアをすること。
6月に入ってようやくボランティアも何度か赴いている。
これからも自分にできることは細く長く続けていこうと思う。

奇しくも今日6月末日は、夏越の大祓(なごしのおおはらい)。
1年の半分の間に、知らず知らずに犯した罪や心身の穢れを祓い清め、
本来の姿に戻るための区切りの風習でもある「大祓」。

ノンキとも一緒に茅の輪くぐりをしたなあ。


今日を境に、私の中でもひとつ区切りをつけることにした。
後悔よりも楽しかった想い出だけを胸に…

b0132981_11432842.jpg



しんどいことの多かった今年前半を、自分なりに祓い清めて
明日からまた新たな一歩を踏み出そうと思う。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ノンキとの想い出帖としてこのブログもまた再開したいと思います。
この半年あまりの間、更新してないこのブログを
心配していつものぞいてくださっていた皆さん、
本当にありがとうございます。

コメントなども受け付けられず申し訳ありませんでした。
またオープンしておこうと思いますが、
個々へのお返事はできないかもしれません。
もしよかったら何か書き記してください。

頻度はそう多くないかもしれませんが、
ノンキの能天気な明るさとノンキっぷりを
ちょっと元気のない日本に振りまいてみようと思います(おおげさ?)。


ありがとう。
そしてこれからもよろしく!

b0132981_11393646.jpg

[PR]
by nonkishokudo | 2011-06-30 12:23 | のんき


<< 星に願いを〜七夕ノンキ編 good dog,good l... >>