タイヘンごブサタしてました〜

b0132981_23521648.jpg


師走、12月、でぃせんばー。
1ヶ月強ぶりの登場なり。

「ノンキ、神隠しにでもあったか??!」
なんて心配をかけたのだろうか?(してないか?)

単なる飼い主の怠慢。
ココロ入れ替えて今日から「ほぼ日」更新で。
(は、これも何回も言ってる?)

ノンキ、12歳と11ヶ月が過ぎ、
b0132981_2354596.jpg

左目にはだいぶ白く濁りが出てきたが、
人間年齢70代越えからすれば
ずいぶん肌ツヤは(いや毛艶か...)ぴっかぴか。

そうそう。12月1日と言えば。
「今年もあとひと月」と聞くたびに思い出すもので。
(前にも書いたかも、だが)

9年前、12月1日を迎えようとする夜中のこと。
深夜の散歩中、ノンキは猫を追いかけて大脱走・・・
夜通し探しても見つからず。

もしや帰っているかといったん帰宅するも
やっぱり帰っておらず...
まさか事故にでもあったかと気が気ではなく。

明け方、半泣きになりながら
もう一度探しに出た私の目の前に、
向こうの方からとぼとぼ歩いてくるシロクロの物体・・・

「レア〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」

下向いてとぼとぼしていたノンキがシャキ〜ン!!!!
とこちらを向いたかと思うと、
早朝なんてこともすっかり忘れて叫ぶワタシに向かい、
犬生で一番早いスタートダッシュを見せた。

一目散にこちらに向かって走ってくるノンキと
腕を広げてまつワタシ。もう韓流ドラマのワンシ〜ン???

ワタシの腕に飛び込んで、顔をなめまくるノンキ。

ワタシの第一声。
「・・・くさい・・・」

たぶん、勢いで猫を追っかけていろんなところを通ったのだろう。
完全に野良犬のニオイだ。

猫を追っかけたはいいが、
どっかでふと我に返ったノンキは
「ここはどこ?ワタシは誰??」
な状況だったのだろう。

しかし、
オットが散歩中に見失ったのが夜の11時頃。
再会したのが朝の5時。

ヤツは一晩中歩き回っていたのか?
にしては、脱走した公園とウチって毎日のように通ってる道だし
キョリも数百mしか離れてないのになんで5、6時間もかかる?

その朝は、奇しくも皇太子家に愛子さまが誕生した日。
家に帰るとそのニュースで持ち切りだった。

そいで、そのニュースを聞きながら
ノンキの首根っこをつかまえて
2回シャンプーしたのはいうまでもない。

なので、「愛子さま◯才の誕生日」のニュースは
「ノンキ大脱走の巻」を思い出させるのだった。

ちなみに、うちの中では
「あいつさあ、野良猫の親分に付いて行って
『弟子にしてください!』ってしつこくしてみたけど、
『オマエみたいなノンキなのは野良猫仲間には入れてやらん!』」
とかいわれて追い返されたんじゃない?」
って都市伝説になっている。
b0132981_0202611.jpg

ノンキ爺さん、若かりし頃の武勇伝じゃ〜
[PR]
by nonkishokudo | 2010-12-01 23:28 | おしらせ


<< ノンキの転機 ノンキ犬の代筆 >>