ロールケーキ考

ふと、子どもの頃に何度か作った記憶が蘇る。

天パンに紙を敷き、大きくて四角い生地を焼くのが好きだった。
(そういえば、つるんとしたデパートの包装紙を
パラフィン紙替わりにしたこともあったなぁ。ああ昭和の香り?)

そう、ロールケーキの生地である。
イチゴジャムや生クリームをたっぷり乗せて…
でも、うまく巻けたことはあまり無かったような?
そんなことを思い出したのもあってか、
最近、改めてロールケーキが気になっている。

ところで、6月6日がロールケーキの日だって知ってました?
九州・小倉には「ロールケーキで町おこし」を掲げている人たちもいるとか。
「小倉ロールケーキ研究会」
実は、長崎から小倉へと続く長崎街道は「シュガーロード」とも呼ばれ
昔からお菓子の文化が脈々と続いてきたことに端を発しているそう。
いいなあ、こういうの本気でやっている人たち、大好き!!
長崎から小倉へと続くというシュガーロード、いつか巡ってみたいものだ。

そんなかわいく盛り上がっているロールケーキ。
いまはガスオーブンも無く(今年は揃えるぞ!)、自分で作ることもないが、
その分、おいしそうなものを見つけてはつい買いたくなってしまう。

お気に入りはいろいろ。
時には、グラマシーニューヨークの和栗のロールケーキなど
存在感あるもので贅沢気分に浸り(これは秋の限定品)、
b0132981_23425393.jpg

時には、スーパーの一角で売っている格安ロールケーキで
デコレーションを楽しむ。カップに、ちょっとおいしいアイスやジャム、
そしてカットしたロールケーキを段々に重ね、
ココアパウダーなどをふりかけて、パフェ風に仕立てるのだ。
b0132981_23562224.jpg

(これは、その昔、喫茶店でバイトしていた頃によく作ったらしいオットの担当)

最近は、人気パティシエや名店のオリジナルがブランド化していたり、
凝ったものも随分あるけれど、私が好きなのはやっぱりシンプルなもの。
基本はきっと、母と一緒に作ったあの味なんだろうな。
いつかまた、もう一度ロールケーキを作ってみたい。
今度は、卵と牛乳と粉・・・厳選した素材でシンプルだけど贅沢にね。

あ、振り向くと、ここにも巻き巻きしたものが・・・・
b0132981_083269.jpg

題して「ボストンロール」???
[PR]
by nonkishokudo | 2009-02-11 23:55 | おいしい


<< フライング・バレンタイン~ロイ... ほうぼうを食らう >>